CSSを理解してホームページ制作をしよう

  • ホームページ制作をするためのHTMLの知識

    • ホームページの骨格部分に当たるのがHTMLです。



      最近では便利なソフトウェアもあって、HTMLを一切理解していなくても美しいホームページを作ることができますが、それでもやはり知っておいたほうが良いです。



      ホームページ制作をし始めると、いろいろと細かいところまでこだわりたくなるものなのですが、そのときにHTMLが分からないと何もできなくなってしまいます。すべてを自分で記述しない人であっても、ホームページ制作をするためにはHTMLを理解しておくべきでしょう。



      HTMLは文書構造を指します。



      文書にはタイトルがあり、そして見出しがあって段落があります。



      このような文書構造を指定しておけば、ブラウザがそれに適したように表示をしてくれます。



      HTMLには開始タグと終了タグがあって、この二つで囲むのが基本です。



      たとえば、HTML文書の最初には必ずと記述し、最後には必ずと記述します。

      タイトルにはを記述するというように、開始タグと終了タグの二つで囲むのが基本です。ホームページ制作のためにHTMLを学ぶ最も良い方法は、いろいろなウェブサイトを見てみることです。



      たいていのブラウザにはHTMLを見ることのできる機能が備わっています。
      一般的には「ソース」と呼ばれます。
      いろいろなウェブサイトのソースを見て、どんな風にHTMLが記述されているのかを見ていれば、だいたいどのようにして記述していけば良いのかが分かるでしょう。

  • 関連リンク

    • ホームページの骨格部分に当たるのがHTMLです。最近では便利なソフトウェアもあって、HTMLを一切理解していなくても美しいホームページを作ることができますが、それでもやはり知っておいたほうが良いです。...

    • 予約システムはいろんなタイプがあります。やはり、パソコンに詳しい人だと割と簡単に好ましいタイプを選ぶことができ、人によっては自分で作ってしまう人もいますが、逆にパソコンに関する知識が低い場合は操作性が重要と言えます。...